正しく知ろう!不整脈

>

日々の生活から気をつけよう

生活習慣を改善しよう

ストレスや疲労がたまったり、睡眠不足が続いたりすると不整脈を起こしやすい体になってしまいます。
また普段の食事でも気を付けることがあります。

まず一つめが、飲酒です。
お酒を飲むと血流が速くなりますので、過度の飲酒は不整脈の危険性を高めます。
二つめがコーヒーです。
コーヒーにはカフェインが入っていますが、これはご存じのとおり興奮作用があるので、やはり不整脈の原因となります。

お酒やコーヒーは好きな人はたくさん飲むでしょうが、不整脈の一原因となり得るということを心得たうえで、適度な摂取を心がけましょう。
また、油っぽいものを食べすぎないといったことも予防の一つになりますが、総じて言えるのは、バランスのとれた食事をとるということなのではないでしょうか。

治療法の数々

自分が不整脈かもしれないと感じたら、まずはお医者さんに聞いてみましょう。
異常に脈が速いと感じても、すぐに不整脈だと決めつける必要はありません。
先ほども述べたように、不整脈の頻脈は一分間に150から200の脈拍数が目安ですが、それ以下でも普段より早いと感じると不安を感じてしまう人も多いようです。

どうしても心配であればお医者さんに心電図をとってもらうなどの検査を行ってもらうことができます。
また不整脈になっても、ペースメーカーを取り付けたり、カテーテルを使った治療などで治すことができます。
ですから不整脈が心配だと思った方は、まずは焦らず、普段の生活の中で気を付けることから始めてはいかがでしょうか。
このサイトが不整脈により適切な対処をとるための参考になればと願っています。